金融機関の皆様には、とくに担保評価での不動産鑑定評価のご利用をお勧めいたします。

新規融資時はもちろん継続案件の評価についても、金融検査マニュアルによって、不動産鑑定評価を取得することが推奨されています。

実務的にも不動産鑑定評価による鑑定評価額であれば、いわゆる「所要の調整」等が不要になることがございます。そのため、担保不動産の価値を最大限見ることが可能になります。